アトピーの問題を解決!

水素水と赤ちゃんのアトピー治療について

水素水と赤ちゃんのアトピー治療について アトピーは、免疫機能がアレルゲンに過剰に反応して、皮膚の炎症やかゆみなどが起こるアレルギー症状です。
子どもから大人まで見られ、高い遺伝性を持ちます。
アトピー治療には、免疫反応を抑制して炎症やかゆみを抑えるステロイドが代表的です。
しかし効果はステロイドを塗っている間だけで、根本的な治療にはなりません。
また長期間使用していると、その間の免疫機能は弱くなっているため、アレルギーや感染症にかかりやすくなります。
ステロイドは、大人はもちろん、子どもや赤ちゃんにも危険な一面があります。
そこでお勧めなのが水素水です。
これは水素を溶かした水で、体内で増えすぎた活性酸素を除去する効果があります。
主にアンチエイジング対策として注目されていますが、水素水の抗酸化作用はアトピーにも有効です。
皮膚に炎症が起きると、活性酸素が発生します。
活性酸素の本来の役割は、体内に侵入した有害な細菌を攻撃して無力化することです。
しかし炎症によって量が増えると、守るべき細胞まで攻撃し、さらに炎症を広げてしまいます。
過剰な免疫反応や炎症反応を抑えるには、活性酸素の除去が必要です。
ここで、抗酸化作用のある水素水が役に立ちます。
水素水は副作用がなく、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。
アトピー症状を持つ赤ちゃんのいる方は、重い副作用を引き起こす恐れのあるステロイド剤を使う前に、水素水を試してみてはいかがでしょうか。

水素水がもたらす赤ちゃんのアトピーへの効果

赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になると可哀想なので、保護者は一刻も早く治してあげたくなるものですが、ステロイドは使いたくないという方がほとんどでしょう。
もっと体に負担を与えない、副作用のない方法で赤ちゃんのアトピーをケアしたいと思うなら、水素水を利用することをおすすめします。
アトピーによる炎症やかゆみの症状は、免疫機能がアレルゲンに過剰反応することで起こります。
通常、活性酸素には体内に侵入した有害物資を攻撃する役割がありますが、アトピーの人は大量に発生するため、過剰な免疫反応を起こして、有害な細菌でないものまで攻撃するため、炎症が起きてしまうのです。
ゆえに増え過ぎた活性酸素の除去を行えば、症状を抑えられるといわれています。
水素には、体内の細胞のあらゆる箇所に入り込み、活性酸素を除去する効果があり、除去された物質は、無害な水となって、体外に排出されます。
定期的に赤ちゃんに水素水を与えれば、活性酸素を除去して、炎症やかゆみを抑える効果を期待できます。

「アトピー 赤ちゃん」
に関連するツイート
Twitter

@Y_u_k_k_i_y 赤ちゃんの時からそれはそれは酷いアトピー性皮膚炎で、漢方薬1日4包飲んで顔はなんとか赤みは取り除いていたんですけど、やっぱり季節の変わり目は防げず辛いですね。。全身の節々が痒くなったりアレルギーでかぶれたり、乾燥で口の周りが口紅つけないと目立つくらい赤くなったり。。頑張ります😭

Twitter DJB_mari ᴅᴊ ʙᴇᴇ ♥ - 14:11

リツイート 返信

...です。 道の駅十文字にてお買い求め頂けます(*^^*) 遠方の方には1番お安い送料で私が購入するついでにお送り致します♡ ※写真は奥州さんの投稿からお借りしました。 今は小学4年生の娘が赤ちゃんの頃、顔面のアトピーがかなり酷く、それを見た高校の恩師がなずなの会の赤嶺さんのお話を教えてくださり、奥州さんに繋がりました。 私が梅干しを習ったのも高校の恩師でした。 あの時、原田真由美さん主催...

日本でも赤ちゃんへのB型肝炎ワクチンの定期接種が始まりました。このワクチンを乳児期に注射された世代は、その後花粉症やアトピーや食物アレルギーや自己免疫疾患や精神疾患がどれくらい増えて行くのか、B肝ワクチン接種世代はHPVV接種世代と共に要注目です。#予防接種 twitter.com/kegasa2007/sta…

Twitter Roy1358 ロイロイ - 10:14

1RT リツイート 返信

赤ちゃん・子どものアトピー治療には、ステロイドは不要!ステロイドを塗らなければ1~2歳には薬が不要になってしまう。治るということだ。一方プロアクティブ治療は、延々と続くメーカーが喜ぶ治療だ。患者の不安は、塗りすぎてるんじゃないかということだ。べたべたにー気持ち悪い

Twitter nihonoosaka 佐藤美津子 - 8:06

リツイート 返信

日本皮膚科学会に要求します!アトピーにステロイドを使わない権利を!免疫抑制剤を使うような難病ではない。治りにくいアトピーはステロイド依存。赤ちゃんに使わなければ、激減する。真実から目をそらすな!

Twitter nihonoosaka 佐藤美津子 - 8:01

リツイート 返信

通常であれば、アトピー赤ちゃんならば、生まれた後1~2ヶ月あたりの乳児期早々から湿疹が確認されていると思われます。赤ちゃんアトピー症状はいつから出るのか!?t.co/ZDUeEjEFDh 赤ちゃんアトピー症状はいつから!?乳児湿疹との違いや離乳食との関係は? | お役立ち情報サイト t.co/ZDUeEjEFDh

Facebook 苅沢 かのん - 5:39

通常であれば、アトピー赤ちゃんならば、生まれた後1~2ヶ月あたりの乳児期早々から湿疹が確認されていると思われます。赤ちゃんアトピー症状はいつから出るのか!?kindtranslators.com/baby-atopy-sym…

Twitter kanon_karisawa 苅沢( ˘ω˘)かのん - 5:39

リツイート 返信

RT @yomiDr: 空気が乾燥する冬場、赤ちゃんの肌は大人よりもかさつき、かゆみやかぶれが起こりやすくなります。保湿によって皮膚の状態を健康にしておくことは、アトピー性皮膚炎の予防にもつながるそうです。... fb.me/1nsas2gSk

Twitter takabubu123 すますま123 - 5:29

リツイート 返信

受動喫煙は肺ガンや心臓病をはじめ、様々な病気を引き起こしますが、赤ちゃんや子供への影響は大きく、喘息気管支炎や中耳炎、アトピーにもつながります。受動喫煙を防ぐと幼児の夜間の救急受診が減ります。最近では子供の情緒不安定や成績低下にも受動喫煙が関連することがあると言われています。

Twitter ns_ku1 禁煙応援ツイッター - 5:19

リツイート 返信

息子生後間もなくから耳や頭を掻いちゃうんだけど(特に眠いとき)赤ちゃん特有のものだと思ってて特に気にしてなかったんだけどこの前の予防接種でまさかの塗布薬処方された😢もっと早く受診してあげるべきだったのかなと思うと反省。なんで掻いちゃうだろ?アトピー遺伝してるのかな?